• HOME
  • お知らせ
  • 弁護士法人アディーレに依頼している方たちへ

お知らせ

注意喚起

NEW!!

弁護士法人アディーレに依頼している方たちへ

弁護士法人アディーレ法律事務所は、東京弁護士会から2ヶ月の業務停止処分を受けました。懲戒事由は景表法違反です。

これに伴い、現在アディーレが受任している事件を法人としてのアディーレが処理することはできなくなります。行政処分での業務停止と異なり、弁護士会の懲戒処分では継続中の受任事件の処理も処分違反となりますから、現在受任している事件はすべて辞任しなければなりません。

そしてこの業務停止はアディーレ法律事務所の全支店に及びますので、北海道内のアディーレ法律事務所も同様に業務を行えないことになります。
既にアディーレ法律事務所札幌支店のサイトはService Temporarily Unavailableとなっています(2017.10.12現在)。

アディーレに依頼をしている方々は、もし裁判が係属中であれば、自ら訴訟を行うか、他の弁護士に依頼し直す必要があります。訴訟記録等はアディーレから返還してもらう必要がありますし、他の弁護士への依頼にあたっては、新たな着手金が必要なことがあります。アディーレに支払った着手金・実費等を返してもらえるかどうかも、アディーレと交渉する必要があります。
期日が迫っている場合は、裁判所と対応を協議しましょう。
アディーレに裁判外の手続を依頼している場合も、他の弁護士に依頼する必要があります。またそのためにアディーレに関係書類の返還を求める必要があります。

なお、アディーレ法律事務所に所属する社員弁護士や勤務弁護士に個人として事件処理を引き継いでもらえる場合もありますが、その場合は十分な説明を受けた上で決めて下さい。

ともかく、早めに最寄りの弁護士会の相談窓口に相談されることをおすすめします。

なお、東京弁護士会ではアディーレの顧客を対象とした臨時電話相談窓口を設けていますので、利用可能な方はそちらもご利用ください。
東京弁護士会会長談話

前のページに戻る